非正規店を使うときの注意点

純正部品を使ってもらえない可能性

image

iphone修理の時に、安くて早く仕上げてくれる非正規店を利用する人も少なくありません。確かに安くて早いところが多いですが、注意するべきポイントもあるため、理解してから修理依頼してください。第一に、純正部品を使ってもらえるかわからない点です。すべての非正規店で全ての機種の純正部品をそろえているわけではありません。そのため、純正部品がない機種の場合、純正ではない部品と交換される恐れがあります。結果として、その部分だけ故障する頻度が高まる可能性もあるため、利用する際には注意が必要です。かなり古い機種なのでもう部品が取り寄せられず、純正部品ではないと納得して部品交換をしてもらうのであれば問題がありません。

保証がついているかどうか怪しい

非正規店でもiphone修理を済ませてから、万が一修理してすぐまた同様のトラブルが発生した時のために、保証期間を設けているところは少なくありません。しかし、全ての業者で保証がついているとは限らず、またその期間もお店によって異なることを理解しましょう。3ヶ月から6ヶ月程度付いているところであれば安心ですが、それ以外のところであれば修理を依頼する前に他の店舗と比較してください。万が一の時に再修理してくれるサービスをつけているところや、サービス内容が納得できるところに依頼することで、満足度の高い修理をしてもらえるでしょう。なお、お店が遠くて郵送で修理をしてもらっている場合には、保証内の送料が無料のところを見つけることも重要です。

iphoneの修理を銀座で行いたいとき、利用できる業者の候補はいくつかあります。実際に利用するときには、修理価格だけではなく対応の早さなどを確認して選びましょう。