正規店のデメリット

受付や修理には時間がかかる

image

iphoneのユーザー数に対して正規店の数は圧倒的に足りていないという状況が続いています。休日だけではなく、平日の午前中等の比較的空いていると思われがちな時間帯でも1時間以上待つ事も珍しくありません。スムーズに受付をしたい場合には予め予約をしておく事が必要になります。また、スムーズな受付が出来て修理に出した場合でも手元に返って来るまでに1週間程度かかります。修理に出したiphoneが製品保証の対象であれば修理に出してiphoneが手元にない期間中に代替機を使用する事が出来ます。しかし、対象外のiphoneの場合は代替機を自分で用意するか修理が終わるまでスマホのない生活を強いられるといった点に注意が必要となります。

正規店では修理対応していない故障も多い

正規店の修理は「改造されていないiphoneである」事が前提となっています。過去に非正規店で修理を利用していると改造品と認識されます。また、修理の際に純正部品以外のパーツが使用されているiphoneに関しては修理をしてもらう事が出来ません。さらに、正規店では修理に対応していない故障内容も多く存在します。ホームボタンやスリープボタンといったスイッチ関連の不具合やバイブの故障の場合は修理ではなく本体の買い替えを勧められます。使用しているiphoneが故障した際に正規店で修理を依頼するには「修理をしてもらえる純正品の状態」で「修理可能な故障であるか」といった点を事前に自分で確認していなければいけません。

壊れてしまったiphoneの修理を川崎で依頼する際は、多くの人が訪れている専門店を利用すれば適切な対応をしてくれます。