非正規店のデメリット

メーカーの研修を受けた技術者の修理でない

image

よく知られているスマホにiPhoneがあります。他にも多くのメーカーがスマホを製造販売していますが、その中でも特に人気があると言えるでしょう。多くの人が利用していますが、それなりに故障や不具合が生じます。その時利用する店として正規店と非正規店での修理がありますが、非正規店で受けると多少心配な点があります。正規店ではメーカーの技術者が修理をしてくれますが、当然中身を知り尽くした技術者が行ってくれます。しかし、非正規店ではメーカーの技術者ではなく、メーカーと無関係の人が独自の技術で修理をするのです。修理の方法は他の人の修理方法を見て習得するなどで、メーカーの技術者とはどうしても技術力に差が出ます。ただ、中には技術力の高い非正規店もあります。

修理に対する不具合の保証が受けにくい

iPhoneが故障をしたとき、できれば正規店で修理をした方が良いでしょう。料金が高くなったり修理までの時間がかかるなどの問題はありますが、将来的にも長く使うなら正規店を利用した方が良いと言えます。非正規店で修理をしてもらうとき、少なからずあるのが修理に対する不具合です。修理をしてもらったのに直っていなかったり、他の部分に不具合が出るときがあります。正規店なら修理の不具合は保証の範囲内で対応してくれますが、非正規店だと修理の保証付きのお店以外は受けにくいでしょう。つまりは別途料金を払って再修理をしてもらう必要があります。一回当たりの修理費用は安くても、何度も修理してもらうとなるとお金が正規店よりもかかってしまう可能性があります。

iphone修理を仙台あたりで考えている人は適当なお店に行くのではなく、口コミで対応の良いお店を見つけるのがおすすめです。